過去のイベント

「運航支援に関するセミナー」報告2013.07.24更新

2013年7月10日(水)、特定非営利活動法人 マリン・テクノロジスト(MTL)は、一般財団法人 日本気象協会との共催で、 「運航支援に関するセミナー」を東京海洋大学講堂にて開催いたしました。

セミナーでは船舶運航の効率に関し、日本舶用工業会スマートナビゲーションシステム研究会で進めているスマートシップと 運航データの利・活用について紹介し、さらにウェーザー・ルーティングの考え方、内航船を対象とした日本気象協会の 「ECoRO」サービスについての省エネ効果や導入事例等について解説するとともに、船載機の紹介をさせていただきました。 また、MTLでの自主研究成果として船型数式表示について講演を行いました。

当日は猛暑の中、約100名の方にご来場いただきました。限られた時間でしたが、質疑応答など充実したセミナーとなりました。 ご参加いただきました皆さまには、重ねて感謝を申し上げますとともに、今後も皆さまからのご意見、ご要望を反映したシンポジウム やセミナーを開催していく予定です。

 

セミナー会場風景-1 セミナー会場風景-2

画像をクリックすると、大きな画面で表示します

「運航支援に関するセミナー」の告知

開催日時
平成25年7月10日(水)13:00~17:30(受付開始 12:30)
場所
東京海洋大学 越中島会館講堂
共催
特定非営利活動法人 マリン・テクノロジスト
一般財団法人 日本気象協会
後援
国立大学法人 東京海洋大学
参加費
無料
テキスト代
1,000円
申し込み方法
参加申込書に記入の上、セミナー事務局(マリン・テクノロジスト)へ、FAXまたはメールでお申込み下さい
Get ADOBE READER セミナープログラム・参加申込書(801KB)

開会挨拶

13:00~13:10
大津皓平(東京海洋大学 名誉教授)

講演

13:10~13:40
船型数式表示
武隈克義 (マリン・テクノロジスト)
平田信行 ((独)海上技術安全研究所 流体性能評価系 CFD研究グループ長)
13:40~14:10
スマートシップ ~日舶工委員会の活動報告
安藤英幸 ((株)MTI 船舶情報グループ グループ長)
14:10~14:40
運航データの利・活用
加納敏幸 ((独)海上技術安全研究所 運航・物流系 運航計画技術研究センター長)
14:40~15:00
休憩
15:00~15:20
ウェザールーティングの考え方
庄司るり (東京海洋大学 海洋工学部 教授)
高嶋恭子 (東海大学 海洋学部 講師)
15:20~15:50
ECoROによる省エネ効果と評価手法
佐藤淑子 (日本気象協会 防災事業部海洋課)
15:50~16:20
トライアル事例
三上郁夫 (琉球海運(株) 常務取締役船舶部長)
16:20~17:20
船載機の紹介
・SUPER BRIDGE-XE
 松田和生 (MHIマリンエンジニアリング(株) 船舶制御システム部 部長)
・JAN-2000-ECO(ECoRO対応電子海図表示装置)
 平山圭一 (日本無線(株) 海上機器技術部 担当部長)
・運航サポーターII
 小野昌也 (宇部興産海運(株) 海運本部船舶管理部会務グループ)

閉会挨拶

17:20~17:30
松浦邦明 (日本気象協会 防災事業部海洋課 課長)

懇親会(会費1,500円)

18:00~
東京海洋大学 マリンカフェ

お問い合わせ

特定非営利活動法人
マリン・テクノロジスト

〒135-8533
東京都江東区越中島2-1-6
東京海洋大学
産学・地域連携推進機構内2F


TEL/FAX 03-6458-5241

業務時間 平日 10:00~17:00
(定休日 土・日・祝日)